関連コンテンツ

パチンコスタッフも愚痴は言いたい

娯楽

 

パチンコ店に対する評価・愚痴の書き込みをよく目にします。火の無い所に煙は立ちませんからクレーム・スタッフの態度・一部不評のお客様の態度は参考にしている場合があります。

 

今回はそう言ったパチンコ店に対するコメントに対しホールスタッフも不満は溜まっているんだぞ!!そんなテーマ紹介したいと思っています。とは言え仕事している身ですし、ある程度は我慢して欲しいものですが、やはりイライラする事はあるのが事実です。

ドル箱に玉入れすぎ・・(怒)

最近ではパーソナル化が進んで、ドル箱の上げ下ろしの作業が無くなったホールが増えてきていますね。

 

私の店も低貸しエリアではパーソナルにした事で、大分労力の負担は軽減されています。また最近の若者は箱の上げ下げの文化を知らないのか、ドル箱の上げ下ろしの一連の流れが分からない、困惑する若いお客様が多いです。パーソナル化の普及が原因でしょうかね。

そんな中ドル箱の上げ下ろしをする際、箱に一杯玉を詰め込まれると、零れてしまうケースが多いです。中には零した事に対し、クレームを言うお客様も稀にいるので、スタッフからしたら・・

『玉入れすぎだ!!零れるに決まってんだろ!!無茶言うな!!』

が本音です・・。更に玉を盛り盛りに詰めた箱は重ねる時も困難。積んだら零れますからね。結果的にスタッフの本音は、『1箱にいくら盛っても、結果は同じ玉数なんだから、逆に零れて損しているよ・・。』と思っているスタッフが多いです。

②出さなきゃだめだよ!!等のクレーム

スタッフ(末端)からしたら関係の無い話です。もっと言えばお客様に対してもそうですし、実際に調整をしている役職に対しても

 

なんで僕らが文句言われなきゃいけないの?』と文句があると思います。

ホール現場のスタッフは営業に直接関わっていないのに、文句を言われるという可哀そうな立ち位置。『それも接客の仕事だ!!』と言われたらアレですが理不尽ですよね。

店長の私でもそう思うのですが、スロットは100歩譲ってパチンコの出玉数はどうしようも出来ません。釘調整が出来る箇所はスタート値の調節(千円スタート)と確変中のベースA(確変等の電サポの玉の減少数)、アタッカー周辺の釘調整(大当たり玉数の調整)位しか出来ません。

出玉と言うより、投資金額を減らす・獲得玉数を維持や微増程度なので、大当たりが何連チャンするとか等、店側からしたらどうしようも出来ません。また釘調整は現在禁止にされています。

『出さなきゃだめだよ』って言われますが、なら遠隔操作しかないですよね。ならそれは一生叶えられない願いです。厳しく管理されていますので出来ません。遠隔の操作行為を否定する反面、出してくれと遠隔を促す肯定的な発言もあり、遠隔操作を肯定しているのか否定しているか良くわからないですね。絶対やりませんけど。

③体臭の臭い・・・

これはもう困ります。明らかにお風呂入っていないだろうと思われる匂いを発するお客様に対しては、スタッフの心の中で怒りしか無いですね。

 

『臭い!!』スタッフもそうですし周りのお客様も嫌がっていると思います。パチンコ店に限らず、匂いに関しては不満を持っている方は大勢しますし、陰で文句言われているのは確かです。

④おさわり行為(セクハラ)

主に女性スタッフですが真剣に嫌がっています。

この問題に関しては、店内ルールで禁止事項として設けており、実際に注意するケースが多いです。中には出入り禁止の処置も。

 

女性スタッフは別に悪い気はしていないんじゃない?と勘違いされている方も多い様ですが、こちらは接客業です。一時的な感情で職場に来づらい状況を作りたくないので、怒らずに我慢している女性スタッフが大半です。それを逆なでにする『おさわり』行為は絶対やめましょう。間違いなく裏で『あの客マジうざい』と言われています。

⑤チャンスボタンの連打や台叩きなど
不必要なオーバーな行動。

スタッフのみならず周りのお客様にも大変迷惑行為かと思います。

 

 

もちろん遊技に熱くなって、台を叩きたくなる気持ちは分かりますし、チャンスボタンを強く、または早く連打したくなる気持ちも分かります。

ただ正直見ていて見苦しいと感じているのが本音です。『意味無い事してるな・・うるさいし・・』と思っています。

チャンスボタンに関しては、大当りに直接関係するわけでは無くあくまで演出の一つに過ぎない玩具の様な部品です。押しても押さなくても、さてや強いプッシュ行為や高速な連打行為をしようが結果は変わりません。部品が壊れる可能性しかないのでやめて欲しいですね。

⑥景品カウンターでの『なんでもいい』

何にしても『なんでもいい』って返事は一番困るワードだと思います。夕飯は?どこ行きたい?明日何しよう?『なんでもいい』と言われると困りますよね?

 

パチンコの景品カウンターも一緒で、余り玉でとれる景品を案内している時も同様です。最低限の選択肢を候補で挙げているのですが『なんでもいい』と言われると少し困ります。

大半はその時の景品の在庫状況をみたり、出品するように指示を受けている品をこの場合渡すのですが、中にはそれで嫌な顔をされたケースもあるみたいで・・『選択肢出しているんだから、それ位選べや!!』が本音です。おまり良く思われていません。

その他にも、スマホをずっといじっていて中々リアクション(返事)が確認が出来ないお客様も、正直対応が面倒くさいのが本音です。

まとめ

私が代表して代弁した形になりましたが、まだまだあります。必ずしも誰もが不満に思っている訳では無いです。
完全にお客様が悪いと言う表現になっていましたが、全てお客様が悪い訳では無く、こちら側の対応にも問題がある場合もありますので、一概に否定は出来ません。

ただホールスタッフも人間ですので、いち一人の人間として扱う必要はあると思います。(当たり前ですよね。)今回紹介したのは・・ほんの一部。知っておいても悪くない情報ですので参考にしてみてください。