【バトオペ2】お勧めのコントローラを紹介します。

GAME-ゲーム-

こんにちはしまうまです。

Playstation4の基本無料ゲーム:機動戦士ガンダム バトルオペレーション2に最適なコントローラーを紹介します。

  • エイムスキルを少しでも向上させたい
  • 操作性を向上させたい
  • コントローラーの買い替えを検討中
  • 無操作でコンテナ部屋をつくりたい

4つの項目に一つでも該当する方は是非参考にしてください。
バトオペ2に限らず紹介するコントローラーはFPS系のゲームに最適です。
『まずは形から…』ある程度熱を入れて取り組んでいるゲームなら当然かと思います。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥42,000(2020/12/04 12:31:06時点 Amazon調べ-詳細)

お勧めコントローラーはこちら

レボリューション プロ コントローラー

トリガーや左右スティックの感度調整、4つのショートカットキーへのマッピングに加え、方向パッドは4方向または8方向の入力切り換えが可能です。左右のスティック  は、角度46度と高さの改善され最先端ファームウェアにより強化され、入力時の正確性と動作性を高めています。

ゲームごとに自分好みの設定をカスタマイズする事が出来ます。FPSはもちろん、バトオペ2の様なエイムが重要なゲームに適しているコントローラーですね。ゲームを趣味にされている人なら、コントローラーに拘るのは悪い話では無いです。

created by Rinker
Bigben
¥15,030(2020/12/04 12:31:06時点 Amazon調べ-詳細)

是非これを!!と言いたい所ですが……

実際に私も使用していました。ただ先日思わぬ理由で故障してしまいました…。
もちろんこのコントローラーをお勧めしたいのはやまやまですが、実際に私が使用していてコスパの良いコントローラーを紹介しようと思います。

ホリパッドFPSプラス

しまうま愛用のコクピット(コントローラー)です。
FPS(バトオペ2)に適したコントローラーですね。

  • 追加:ボタン割り当て可、連射機能有、感度調整機能付きターゲットボタン有。
  • 省略:振動、モーションセンサー、ヘッドセット接続端子、ライトバー。
  • 全長×奥行×高さ:約162mm×約115mm×約63mm(スティック頂点含む)
  • 質量:約240g(ケーブル含む)、約170g(ケーブル除く)
  • 接続方式:USBケーブル接続(ケーブル長:約3m)

FPSに不要な機能を省略したことで相場で4,081円と安めに抑えられているのも特徴です。
また左右のスティックが、純正品よりもよりなめらかに動作します。

エイムスキルを少しでも向上させたいなら是非♪

(First Person shooter)FPS系のゲームで非常に重要なのが射撃時の照準合わせです。バトオペ2においても同様で、攻撃の基本になるビーム兵装や実弾兵装による的確な射撃は与ダメに大きく影響します。FPS系の中ではバトオペ2は比較的に簡単..と言われていますが・・バトオペ2は他のFPS系ゲームの様なコンスタントに撃てる射撃ゲームはありません。
発射間隔やリロード時間を考えると1発(1回の射撃)あたりの重みが違います。マシンガン系は弱いゲームですからね。

 

色々なFPSをプレイしてきましたがバトオペ2が簡単なゲームだと思った事はありません。
「エイムスキル」はバトオペ2の中でも重要なスキルなので、プレイ環境を整えるのは大事かと思います。

「ホリパッドFPSプラス」は純正コントローラーよりもFPS(バトオペ2)に適したスティック感度が魅力です。

左、右スティックの指に加わる荷重が一定になる構造で精密なエイミング操作を実現されている他、左右スティックの高さを低くすることでより直感的な操作が可能です。

割当が自由なボタンがあります。

このコントローラーは左グリップの裏に独自のボタンを有しています。

「ターゲットボタン」と言います。FPSにおいて急な接近戦の際に瞬時にスティック感度を調整するのが目的のようです。まぁバトオペ2には関係ありません。

このターゲットボタンの長所は別のボタンの機能を割り当てられる点です。
ターゲットボタンにR3の役割を持たせることでスナイプボタンに切り替えができます。純正品では誤って押してしまう事も多いR3ボタン。勝手にスナイプモードになってしまった事も多いと思います。バトオペ2に限らず、L3の役割に変更すれば、FPS系で故障の原因になりやすい「ダッシュによるL3の多用」を避けられる効果もあります。

連コン放置が可能です♪

コンテナ放置が可能になります。

PS4対応ホリパッドシリーズとしては初めて連射機能を搭載されており、3段階(5・12・20回/秒)の連射速度、連射ホールド機能を設定することができます。
連射設定可能なボタン:方向キー(上下左右)/○ボタン/×ボタン/△ボタン/□ボタン/L1ボタン/L2ボタン/R1ボタン/R2ボタン。方向キーは連射ホールド設定は行えません。
戦闘中に一定時間全く操作しなかったり同じキー入力が一定時間続いたりすると、未操作扱いで強制戦闘離脱させられてしまいます。
カスタムマッチでコンテナ回収をする為だけの目的で部屋を作るときに便利です。中にはクラン任務の出撃回数稼ぎにも有効ですね。

連射機能を使えばその問題も解消され、完全に放置しながらコンテナ回収と微量ながらGPも稼げる事が可能になります。あとレベルUPも可能ですね。

コンテナ部屋の作り方

方法は:コンテナ回収部屋を作った後◯ボタンと×ボタンを連射状態に設定するだけ。
この2ボタン連打でメニュー画面もそれを繰り返す事でチーム編成から出撃決定まで経過させる事ができます。部屋のコメントも「コンテナ放置/撃破自由」と記載すれば、メンバーが参入してくる確率は高まりやすいです。トークン稼ぎに是非。

記事のまとめ

純正のコントローラーって床に置くとR2ボタンが勝手に作動したりと不備も多く、値段も高額なのがネックなんですよね。4つの項目に当てはまる方はコスパの良いコントローラーを紹介させて頂きました。

他にもFPS向けのコントローラーはたくさんありますが、私自身が使っているコントローラーを紹介させてもらっています。

 

個人差はありますし、純正の方がいいかなぁと少しでも思うならやめておきましょう。
購入する場合はAmazonでの購入の方が低価格なのでお勧めです。

少しでも皆さんの力になれたら幸いです。

人と差をつけたいのなら
やっぱりこのコントローラー

created by Rinker
Bigben
¥15,030(2020/12/04 12:31:06時点 Amazon調べ-詳細)

純正コントローラーに取り付け可能な背面パドル
コンテナ放置での連射も可能