バトオペ2攻略 ジムⅢの評価について解説しています。

GAME-ゲーム-

こんにちはしまうまです。

2020年6月11日に遂にジムⅢが登場しましたね。400コストスタートの汎用機で地上適性持ちの機体です。たしかバトオペ2のサービス開始前に行われたβテストで搭乗可能なMSの一機でしたね。でもその時のテスト版とは違った性能で登場しています。
ジムⅡの改修機体で、第一次ネオ・ジオン抗争期の主力量産機として活躍した機体がバトオペ2でプレイが可能になっています。そんなジムⅢの評価について解説していきます。

機体スペック

スペック解説
  • 防御面:機体HPは平均的。また各種耐性も耐格闘が若干低いですが、バランスの取れた機体です。
  • 攻撃面:射撃と格闘の補正値がほぼ同じのバランス型。同コストと比較すると補正合計値が+10と高いです。
  • 運動性・機動性:旋回速度は地上なら適性をもっているので+6の性能。同じ量産機と比較しても中々早い部類です。スラスピも中々優秀ですね。
  • 適正:地上適性持ちです。スラスター回復速度や使用量が優遇されています。
  • 格闘優先度:中判定です。最近の汎用機は中判定しか見てない気が…。
  • カウンター:蹴りによる強カウンターの部類。追撃猶予が長めでリターンが高め。
  • スキル抜粋:400コストでは希少の強制噴射持ちなのでテクニカルな操作が可能です。あると無いでは天と地です。
    また前線維持支援システムLV1によりもリスポーン時間を5% 短縮させる効果も強みです。

兵装の紹介

ジムⅢ用ビーム・ライフル

威力射程ヒート率発射間隔OH回復切替時間
1900350m90%3.5秒17秒0.77秒
  • ジムⅡライフルより威力が高くなっています。
  • 集束なしで即よろけが取れる兵装
  • 切替が速い部類のBRで3.5秒間隔で発射も可能なので、回避狩りに使えます。
  • ヒート率は90%と高いので、OHさせずに撃つならは8~9.5秒程度以上間隔を空けなければならないのがネックです。
  • N下追撃よりも、BR下格の方がダメージが取れます。ヒート率と相談して追撃していきたいですね。

肩部ミサイル・ポッド

威力射程弾数発射間隔リロード切替時間
200350m30発未調査17秒0.5秒
  • 左肩から4発→右肩から4発の順番で発射される実弾兵装です。
  • 移動射撃可能。怯みによる攻撃阻害が可能です。
  • よろけ値6%:17発命中で蓄積よろけを取る事が可能です。(よろけ値100%の場合)
  • よろけを狙う兵装としてはイマイチです。
  • FFが怖い混戦時など、離れた距離からの追撃運用がメインです。

頭部バルカン[改修型]

威力射程弾数発射間隔リロード切替時間
70150m60発450発/分6秒0.5秒
  • Zガンダムと同じ性能のバルカンです。
  • よろけ値2%:50発命中で蓄積よろけが狙えますが、現実的では無いです。
  • 主にミリ削りや、格闘でダウンを取った後にブーキャン中にバルカンで追撃→下格で火力を微増させる事が可能です。

腰部大型ミサイル・ランチャー

威力射程弾数発射間隔リロード切替時間
1100350m4発6秒20秒0.5秒
  • この機体の目玉兵装.。
  • 2発同時発射なので実質2発です。単体で1100ダメージなので2発命中すれば倍の威力です。
  • 2発発射により横範囲に爆風が広いのが強み。複数機をまとめてよろけさせる事も一応可能です。
  • 腰から頭上まで浮いてから照準へと軌道を描く挙動で弾速は遅め…。見てからでも余裕で避けられるので、偏差撃ちか敵の視界外から打ち込む方が当てやすいです。
  • 発射後にブーキャン(前進)する事で、ミサイルと一緒に敵に接近する事も一応可能です。

ジムⅢ用ビーム・サーベル

威力CT切替時間
17002.5秒0.77秒
  • 連邦機特有の優秀なモーション
  • 特に連撃補正や方向補正は無いです。
  • 威力はやや心もとない性能ですが、火力を出していく上では積極的に使っていきましょう。




機体評価

400コストなら良い機体です。

大きな落ち度が無いのは強み。豊富な射撃兵装に扱いやすいサーベルモーション、400コストなら希少の強制噴射や前線構築に大事な前線維持支援LV1の補助スキルもあるので、汎用機としてチームに貢献が期待出来る機体だと思います。

ジムⅢの強み
  • バランスの良いスペック
  • 射程が全体的に350mと比較的長め
  • 足回りが比較的優秀
  • カウンターが強い
  • 副兵装が豊富(攻撃手段が豊富)
  • 強制噴射持ち(400では希少)
  • 前線維持支援LV1持ち
  • 各種兵装の切替時間が短い
弱み
  • 瞬間火力がやや低い
  • よろけを取るにはBR1本ではやや厳しい
  • 特出している強みはない
  • 腰部大型ミサイル・ランチャーのクセが強い
  • 耐格闘補正が若干低い
  • マニューバーを止められない
  • 通用するのは400までの平凡な性能

運用

連射は極力避けたいBRですが、逆に言えば3.5秒間隔で即よろけが取れる強みでもあります。壁汎用として、前線構築の1機として積極的に前に出て戦いましょう。それでBRがOHしてしまった場合は、前線より1歩下がった位置からのミサイルやミサポを使った中距離からの弾幕でシフトチェンジし、火力を出していきましょう。ミサイル→ミサポの弾幕攻撃…。「バカ!弾幕で敵が見えない!」てミサトさんに怒られますがね….。

ミサイルを使った保険戦法

中距離から敵に接近したい場合にミサイルを発射したタイミングでブーキャンする事で、中距離から無理やり接近戦に持ち込むことも可能です。
敵の注意を自分に意識させ、ミサイルの命中確率を高める他、仮に接近でヨロケを取られてもミサイルが敵に当たって自分の損害を最小限に抑える保険にもなります。①ミサイルを放ち、ブーキャンで急接近。マニューバーが無いので本来なら無理な接近ですが…

②急接近する敵が自分に気を取られミサイルに被弾…。自分はBRに切り替えてよろけ継続を狙います。

③BRでダメ押しのよろけ継続。

④サーベルに持ち替えてN下格→N下格(BR→下格)で火力を出していきます。

こうも簡単にはいかないのものですが、実戦で何度か試したので可能でです。ミサイルを如何に上手く活用するかで、量産機とは言っても、プレイヤーによって差別化される機体ですね。

まとめ

ジムの直系にして集大成といえる傑作機としてカラバの主力機として活躍したジムⅢは、バトオペ2の400コストでも汎用機の主力機の1機として活躍出来ると思います。ただガチャを無理してでも引くべきかと言われたらそうでもない機体…..。タイトルの様に「運営の思惑通りにさせるものか!」てな感じで、ジムⅢが好きな人かハイザック(バズ)を所持していないら狙っても良いと思いますね。
ちなみに私はコレクターなので毎週引いてます…….。運営の思惑通りになってますね..。