関連コンテンツ

バトオペ2攻略 強化された高機動型ゲルググULの評価について解説

GAME-ゲーム-

こんにちはしまうまです。

2019年10月24日にキマイラ隊『青き雷光』ユーマ・ライトニング中尉が搭乗した機体…高機動型ゲルググ(UL)LV1~2(地上/宇宙両用機体の450・500コスト)が登場しました。ドバランを唯一装備できる初のゲルググとして話題があるとか無いとか…。むしろドバランは嫌われ兵装なので、あまり求められていないのも事実…。そんな高機動型ゲルググ(UL)ですが、2020年5月28日に強化を受けています。

強化内容
  • LV2機体HP上昇:16000 → 17000
  • LV2機体スキル「脚部特殊緩衝材」LV上昇LV1 → LV2
  • ビーム・ナギナタ下格闘補正値上昇
    200%(100%×2) → 210%(105%×2)
  • 腕部3連装ミサイル・ポッド
    20% → 25%

主に500コスト帯で戦える様に調整されている印象。強化された高機動型ゲルググ(UL)評価について解説していきます。

機体のスペック

スペックの解説
  • スラスピは全機体屈指のトップクラスの性能。初期のスラ値も高め。
  • 耐久面は悪くない印象。汎用のゲルググ系の中ではバランス型の耐性値です。
  • 攻撃補正は汎用のゲルググ系の中では格闘に特化した機体。
  • 格闘優先度は中判定です。
  • カウンターは蹴り上げ。強カウンターの部類ですね。
  • 宇宙適正持ちの機体です。

スキル一覧

スキル抜粋して解説
  • 500コスト機の場合は脚部特殊緩衝材LV2が付与されています。(450はLV1)脚部へ攻撃を受けた場合の、機体HPへのダメージと脚部HPへの負荷を 15% 軽減してくれます。
  • 強制噴射の上位性能になる、強制噴射LV2持ちの機体。回避行動の着地動作を、スラスター消費量が軽減された高速移動でキャンセルし再び回避行動が可能です。




兵装の紹介

簡略式ミサイル・ランチャー

威力射程弾数発射間隔リロード切替時間
850400m4発単発撃ち4秒12秒2.5秒
  • 一度の射撃で4発一斉に発射されます。
  • 発射後すぐに兵装切替ボタンを押すか、ブーキャンで単発発射にする事も可能です。その場合の発射間隔は4秒。
  • よろけ値50%:2発ヒットで蓄積よろけが取れます。
  • 2発撃った後に切替ボタンを押すと自然と格闘兵装を装備するので楽です。
  • 2発撃ってブーキャンして接近。スラスピを活かして少し遠い距離からでも格闘を当てる事が可能です。
  • 直線状の敵には当てやすいですが、横移動する敵には当てにくい欠点があります。
  • 弾幕としては中々の牽制になります。
  • 見境なく全弾発射するのは0点。
  • 回転率は決して良くない兵装。2発撃ちで蓄積よろけを狙うなど、弾数管理がキモです。

※その他にも主兵装にはジャイバズとゲルビーがありますが割愛します。

副兵装:腕部3連装ミサイル・ポッド

威力弾数射程切替時間リロード時間
4005300m0.77秒8秒
  • 移動射撃が可能な腕グレタイプのミサイル兵装です。
  • 強化された事でよろけ値が25%に上昇。4発命中で蓄積よろけが可能です。
  • 使う時は全弾発射する感じで良いと思います。
  • 連射速度が高く、直線状なら即座に蓄積よろけを取る事が可能。強いですのコレ…。

ビーム・ナギナタ

威力CT切替時間
20002.5秒0.5秒
  • 他のゲルググとN格闘と横格は同じですが、下格闘のみ固有モーションです。
  • 下格闘は飛び上がりながら右下から左上へ斬り上げ→そのまま腕を回転させながら頭上から足元への唐竹割りの 2段格闘です。初弾は発生が早めです。
  • 下格闘の補正が200%→210%に強化。下格は1撃105%の補正があるので、フルヒットで210%です。火力は高いです。
  • 以前はN下の補正と下格闘の補正が同じでした。今回の強化でN下が微妙ながら火力が高くなっています。(N格100+下格105%)