個人的趣味のご紹介(リンク)

【バトオペ2】強化されたガンダム試作1号機の評価について解説

GAME-ゲーム-

連邦の士官だ!!

オムツ持参でお供します!!

2020年2月20日に試作1号機に待望の強化がありました。リリース当初は中々強い機体だなと評価も高かった機体でしたが、その翌週に登場したステイメンの登場で一気に蚊帳の外に…更に…Z編のmark2やリックディアス登場で、終いには廃扱いとしての評価まで落ちてました。そんな試作1号機:通称ゼフィランサスは花言葉で【清き愛】として、ゼフィを愛するプレイヤーからの強化の声も多かったはずです。

◆強化内容一覧・・・
機体本体:着地時の硬直時間を軽減
下格闘攻撃補正上昇:170%→180%(90%×2)
試作1号機用BR
威力上昇1900(+100)
試作1号機用BR:弾数7発(+2発)
試作1号機用BR:弾速上昇
試作1号機用BR:発射間隔6秒(-0.67秒)

ゼフィの特長でである高速の下格闘の補正が高くなり、ネックとなっていたBRの性能の強化を施されています。結果的に火力UPに繋がった強化となりましたね。『ガンダム試作1号機】の機体について再評価していきます。(※昨年のブログを再更新しています。)

機体スペック

  • 非常にバランスの取れた汎用機
  • 機体HPは少し低めとなっています。
  • 歩行速度が速い点は強み。

その他スペック

旋回スピード(地上)速い
格闘優先度強判定
カウンター投げ(弱カウンター)
  • 旋回速度は速い部類の機体。歩行スピードも合わせ、足回りは非常に快適な機体
  • 格闘優先度が強判定。強みです。
  • この機体のネックな点の一つが弱カウンターの性能です。追撃猶予が短いのが特徴。

スキル一覧

  • 【空中制御プログラム】は高台から降りる時や堕ちる時に助かるスキル(砂漠や廃墟)
  • 格闘優先度が【強判定】に付加して【パワーアクセラレータ】がスキルとしてあるのは実質、格闘優先度は【+強判定】の様なもの。でも中々鍔迫り合いは起きないです…。
  • 強制噴射がないですが、緊急回避LV2で他の高コスト機体と差別化。




兵装の紹介

主兵装①試作1号機用ビーム・ライフル

威力射程発射間隔弾数OH復帰時間切替時間
1900400m6秒7発15秒1.2秒
  • ヒットで【即よろけ】が取れる残弾式のBRです。
  • 残弾式なので、強化効果の対象はクイックローダーです。
  • 発射間隔が短縮された事で、マーク2達と同じBRの発射間隔速度になっています。
  • 同じ部類のBRと比べても、弾数が豊富と言う長所を持った事で差別化がされています。威力は若干劣りますがが、弾数が多いBRとなり使いやすいです。
  • 射程が400mと同じBRの部類の中では最長の射程を誇ります。
  • よろけ値は10%:マニューバー持ちの強襲機を止めるには厳しいです。
  • 弾速が以前より早くなっているので当てやすくなっています。

頭部バルカン[後期型]

威力射程弾数リロード時間切替時間発射間隔
67150m30発6秒0.5秒446発/分
  • 威力は通常のバルカンより若干高めの数値です。
  • 連射速度もそこそこ速い部類
  • よろけ値10%:単体では蓄積よろけを狙う事は不可能です。
  • ブースト射撃(空中も)が可能です。
  • 運用は主にミリ削りがメインです。
  • 出来ればバルカンの強化をして欲しかった…

ビーム・サーベル[強化Ⅱ型]

威力切替時間CT
22000.77秒2.5秒
  • この機体のメイン兵装。
  • 下格闘は2段格闘。格闘補正は90%×2=180%と強力です。
  • 下格闘の発生速度がN格闘並みに早い速度で敵のダウンを取れる特長があります。
  • 2段格闘の1段目でのキャンセルが不可能。(ネックな部分)
  • 2段目の格闘速度は遅い(カウンター取られやすい)
  • 1段目からダウン効果があるので、自分の下格闘でダウンを奪った場合は追撃猶予時間は短くN格闘1発程度しか追撃が入りません。
  • 下格闘の最速キャンセルで追撃でN→下一発が入りはします。
  • 高い格闘補正があるとは言え、追撃猶予や兵装の威力がネックなために火力はmark2よりも劣ります。




機体の評価

射撃の弾数が多いですが低出力のガルバルディβの550版の様な機体。弱くは無いですが現環境ではまだ見劣りする部分が多くて厳しいです。

試作1号機の強み

  • 万能な機体性能とスキル内容
  • 足回りが優秀
  • 下格闘の補正が180%と非常に高い。
  • 下格闘の1撃目の発生が早い
  • 格闘優先度が【強判定】
    に付加してパワーアクセラレータ持ち
  • 実はBRの射程は400mもある
    取り回し強化で射撃戦も行える様になった(一応)

試作1号機の弱み

  • 射撃兵装の内容が乏しい(同コスト機と比較しても)
  • 下格闘の途中キャンセル出来ない。
  • 追撃火力が低い(自分で寝かせた場合)
  • 射撃ではマニューバーを止められない。
  • みんな持っているバズーカをゼフィは持てない。
  • カウンターが弱カウンター
  • 下格とカウンター性能の共通は追撃火力が乏しい
  • パワーアクセラレータ持ちといっても実戦では鍔迫り合いが中々起きない。

機体の運用について

正確な射撃と格闘を振っていく突貫機体!!

ウラキ突貫します!!て感じの機体です。

基本運用は他の汎用機と足並みを合わせ前線で戦いましょう。もともと射程が長いBRなので、取り回しの強化と威力の強化で射撃戦もそれなりに出来るようになっています。ですが…

格闘こそがゼフィの魅力です。強判定と発生速度を利用して格闘を積極的に振っていきましょう。

  1. 格闘優先度は最強の強判定
  2. 当てやすい優秀な連邦モーション
  3. 速い発生の下格闘持ち
  4. パワーアクセラレータにより強判定持ちにも有利が取れる

BR発射後はヒット確認をせずともブーストキャンセルで接近する位の意気込みが大事です。
強襲機を止める場合も頼りない射撃兵装では無く、格闘で対応していく位が良いと思います。『相打ち以上で、ほぼこちら側の勝ちです。』パワーアクセラレータがあります。)

2号機を見つけたら『ガトぉぉォ!!』と言って突貫しましょう..

お勧めのカスタムパーツ

機体HP・対格・脚部など、防御面の向上を優先し、機体の生存率を高める事が一番大事です。
生存率を上げる事はチーム戦での枚数の維持や、撃墜された後のリスポーンの時間を考えると、撃墜される事が少ない=生き残る与ダメも増えるっていうメリットがあります。

まとめ

  • 万能なスペック&スキル持ちの機体
  • BRの性能が一般的な性能に…
  • 射撃戦も出来るようになった。以前より
  • 格闘判定が強判定の持ち主
  • パワーアクセラの性能で+強判定の様なもの
  • 立ち回りは前線で格闘を積極的に振っていく機体
  • 強化は生存率強化を優先に
  • 試作2号機を見つけたら『ガトー!!』と言って粘着しよう。
  • だけど試作2号機は1号機では止めにくいです。

こんな感じにまとまりました。

今回の強化で使いやすくなりましたがまだ物足りないです。
他の機体のBRと性能を同じにした程度ではステイメンやmark2には遠く及ばないのが現実です..。兵装数豊富さや追撃火力など…見劣る部分が多いので、ゼフィにしかないなにか強みが欲しかったですね。(アクセラでは弱い)

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY OVA版 BD 全13話 444分収録 北米版

価格:7,990円
(2019/10/26 06:17時点)