個人的趣味のご紹介(リンク)

【バトオペ2】ガーベラ・テトラの機体評価について解説

GAME-ゲーム-

ガイドビーコンなんか出すな!やられたいのか!!

こんにちわしまうまです。

2019年10月24日のアプデ―トで『ガンダム試作3号機ステイメン』『今回のアップデートで強化されたガーベラ・テトラ』の2機が特別に抽選確率大幅UPで配給されています。ガンダム試作3号機ステイメンはコスト550帯では最強格とも言われる汎用機。で…ガーベラ・テトラはどうなんでしょう?ガーベラ・テトラに関しては今回アップデートにより選り取り見取りで強化されています。

  • G・テトラ用ビーム・マシンガン:集束射撃のヒート率を95%から90%へ
  • G・テトラ用ビーム・サーベル:下格闘攻撃後ブーストで動作キャンセルできるまでの時間を短縮
  • 腕部110mm機関砲:射程距離:150→200に上昇

550コストの最強の強襲機はガンダム試作2号機BBが有力ですが、今回のアップデートでガーベラ・テトラが550コスト代表の強襲機になれるのか…?詳しく解説していきます。

『少佐これからは楽にさせてあげるよ。ガンダムでもしっかり磨いておくんだね』

機体スペック

  • 機体HP低めですが各耐性補正が高いのが特長。
  • 運動性・機動力共に全機トップクラスの性能。
  • 初期スラスター値は75もあります。
  • 攻撃補正は射撃寄りの機体です。

その他スペック

旋回スピード(地上)速い
旋回スピード(宇宙)更に速い
格闘判定
カウンター蹴り上げ
  • カウンターは強カンターです。
  • 旋回速度が速く横歩行速度の強化も相成って快適な足回を実現…。
  • 宇宙では更に運動性が高い機体になります。

スキル一覧

  • 緊急回避を持っている事で生存能力はやや高めの機体。
  • 強制噴射LV2を持っているのでテクニカルな操作が可能です。
  • マニューバーアーマーLV2:本来のマニューバーの効果に、ダメージを10%軽減効果と、拘束効果のない攻撃を連続して受けた場合の蓄積よろけの発生を軽減してくれます。




兵装の紹介

G・テトラ用ビーム・マシンガン

『あんたはどっちの味方だぁ!!』と言いながら打ちたくなるビーム式マシンガン..。

威力射程発射間隔ヒート率OH復帰時間切替時間
500300m3.5秒10%16秒1秒
  • 移動射撃が可能です。
  • 一度の射撃で高速のビームが5連射で発射されます。
  • よろけ値は10%:全弾ヒットで50%です。直ぐに副兵装の腕部110mm機関砲に切り替えて数発打ち込むだけでよろけをとる事が可能です。
  • 集束時間は3秒:即よろけ効果と単発発射に切り替わって威力が2200に上昇。射程も350mまで伸びます。
  • ヒート率95%から今回のアップデートで90%に変更。以前より扱い易いです。(たったの5%にみえますが、体感は違います)

腕部110mm機関砲

威力射程弾数リロード時間切替時間発射間隔
146200m35発4.2秒0.8秒 360発/分
  • 今回のアップデートで射程が150m→200mへ上昇しています。
  • よろけ値は10%:10発ヒットでよろけを取れます。ブレも少なくて非常に優秀な兵装。
  • アップデート前は150mの射程内まで接近する必要があり、リスクが高い行動でした。今回のアップデートにより射程の短さが若干改善された事でリスクが緩和しています。

G・テトラ用ビーム・サーベル

レベル1威力切替時間CT備考
123000.75秒2.5秒連撃・方向補正優遇あり
  • 下格闘は『るろ剣:斎藤一の牙突』の様なモーション。下格補正も150%と高く火力には期待できます。
  • 強連撃持ち:2発目:70%(+20%)
  • 以前の下格闘のキャンセルタイミングが遅かった事で、敵機に易々とカットされたり、カウンターを容易に取られやすい兵装でした。今回のアップデートでブーストキャンセルが出来るタイミングが緩和。好きなタイミングでキャンセルが出来ます。その恩恵で下格で寝かせた後の追撃が「N格→下格闘」が入る様になり火力がUPしています。




機体の評価

中々強い機体だと思います。

  • 主兵装の取り回しが向上。ダメージを与える機会が増えた。
  • 副兵装の射程が長くなった事でダメージを与える機会が増えた。
  • 副兵装の射程が長くなった事で、無理な接近をする必要がなくなった。
  • 下格のキャンセル時間が緩和した事で、追撃の火力がUPした。
  • 下格のキャンセル時間の緩和で、ダメージリスクが減少した。

ガーベラ・テトラの強み

  • 高い機動力と運動性を誇る
  • 下格闘の補正が150%
  • 強連撃持ち(2連撃:70%)
  • よろけを取る手段が豊富
  • 耐ダメージ補正が高い
  • 緊急回避スキルを持っている。

ガーベラ・テトラの弱み

  • 機体HPが少い
  • 即よろけ兵装が無い
  • シールドが無いので案外低耐久。
  • 格闘連撃スキルがLV1
  • 射撃タイプ強襲機としては射程が短め(350m)

運用

当たり前ですが支援機を狩る事を一番の目標にして運用しましょう。機動力を活かしてヒット&アウェイの戦法を軸とし立ち回っていく事をお勧めします。機動力を活かす事で汎用に追いかけられても逃げ切れる程の性能があります。各種防御耐性が高いとはいえども実際は脆い機体です。
ヘイトを避けつつ350m圏内の距離から支援機には十分に刺さる射撃と強力な下格闘を軸にヒット&アウェイな立ち回りでかく乱していきましょう。そんな事しているガーベラを追いかけまわす汎用が出てきます。実質前線の枚数を減らす陽動としても貢献出来ます。

お勧めのカスタムパーツ

耐久面の強化をテーマに耐格補正と機体HPを盛っています。残りは火力の強化を行っていますが脚部強化もお勧めです。

まとめ

  • 全機体トップクラスの高い機動性を誇る
  • 下格闘が好きなタイミングでキャンセルが可能に。
  • 今回の強化で実質火力が上がっている。
  • 今回の強化でリスキーな行動が少なくなった。
  • 550コスト強襲機の選択肢候補にもなれるスペック。
  • 『大佐ガンダムでも磨いておくんだね。』
  • だけど試作2号機の方がやはり優秀…
  • ガーベラを磨く羽目に..?産廃機?
  • 宇宙戦でお勧めの強襲機
  • 地上でも中々強い機体です!!ガーベラは…

こんな感じでまとまりました。

以前のガーベラ・テトラは、隙だらけの下格闘に射程の短い兵装の数々。リスク承知の立ち回りも多く『技なんか出すな!!やられたいのか!!』って場面も多かったです…。今回のアップデートでリスク面の改善や火力のUPなどなど…使いやすい機体になったのではないでしょうか。