関連コンテンツ

バトオペ2攻略 強化されたガンダムEz8[WR装備]の評価について解説

GAME-ゲーム-

機体評価

以前より大分良い機体に仕上がりました。

でもスピードの遅さが全てを台無しに

威力2000の格闘兵装と下格補正145%を誇る支援機。キャノンの性能も優秀。
一見強そうな支援機にも見えますが…夏休みの前日に全ての荷物を持ち帰ろうとする計画性のない小学生の様に重たいWR(ランドセル)を背負ってるおかげで、物凄く足が遅い機体です。強みを活かしたくても追撃の副兵装の火力がイマイチだったり、バズ汎の様にミサラン装備でインファイトをしたくてもバランサーが無いので持ち味を生かしにくかったり。なにより足が遅い事が全てを台無しにしています。

Ez8〔WR装備〕の強み

  • 平均より高めの装甲値
  • 実弾耐性が高い
  • 下格闘の火力が高い
  • 豊富な副兵装の数々
  • 蓄積よろけが取りやすい
  • キャノンの爆風が広い
  • 中距離では陸ガンWRより火力が出しやすい。
  • 地上適性持ち

Ez8〔WR装備〕の弱み

  • 鈍足過ぎる移動スピード
  • スラスター量が無い
  • 射撃の瞬間火力が低い
  • (コンセプトで考えると)
    高性能バランサーがない&弱判定の格闘
  • カウンターが弱カウンター




運用について

近距離戦:200以内の戦闘では全ての射撃兵装の射程圏内になり、豊富な兵装で常に火力出し続ける事も可能です。距離が近ければ強力な下格を狙う事も可能。主兵装はどっちでもイケますが、移動射撃が可能なミサランの方が簡単です。
その反面に接近戦に持ち込むには遅すぎる歩行速度が最大のネック。ウサギの戦闘にカメが乱入したような感じ….。または自分だけ水中戦をしている様な気分になります。
プレイヤーは反応が出来ていても機体が付いていけない。まるでマグネットコーティングを付ける前のガンダムの様にアムロが苛立つ気持ちの疑似体験が出来ます….。


中距離:200m~350mの中距離支援の場合は陸ガンWRよりも火力が出しやすいのが強みです。またBRのフルチャからキャノンへのよろけ継続も可能。350m以内ならBRの追撃も更に可能です。
ただ目まぐるしく変化する前線の動きに対応しずらく、鈍足な足が足を引っ張る結果に。芋支援をするにしても火力を出すなら350m以内を最低限でも維持していきたいので、北極基地や墜落跡地の様なMAP以外では厳しい他、ポジション移動に時間が掛かります。

近距離と中距離のどっちでも火力が出せる機体にして、どちらも欠点がある器用貧乏。それは全て歩行速度が原因です。
主兵装は好みで良いと思いますが、私はWRの上位性能になる中距離運用の方が安定しますね。ただ下格闘を狙っていく運用の方がロマンがあって楽しいです。むしろキャノン装備の方が近距離と中距離のどちらにも対応が出来るのでお勧めです。

まとめ

  • 平均より高めの装甲
  • 実弾耐性が高い支援機
  • カウンターが弱カウンター
  • 豊富な副兵装の数々は常に火力を出しやすい
  • 地上適性持ち
  • 背中のWRは降ろす事が出来ない仕様
  • 下格の火力は高い
  • 高性能バランサーがない&弱判定の格闘がネック
  • 中距離での火力は陸ガンWRより出しやすい。
  • 鈍足過ぎる移動スピードは全てを台無しに

こんな感じでまとまりました。


鈍足な足なので前線の動きに対応しずらく、ついていけない状況も多いのですが、己のバトオペ経験を活かして予測行動を取る必要があります。タイトルの様に「(自分を)信じたーーー!」ってな感じ支援機としてのポジどりに命を掛けましょう。また関係ないですが、汎用の飛行タイプのグフを見かけたら「信じたーーー!」と言いながら粘着プレイするのがお勧めです。案外蓄積よろけは取りやすい機体なので中々イケます。でもグフフラは相性が悪いのでアレですが…。