個人的趣味のご紹介(リンク)

【バトオペ2】2020年最強機体コスト500(地上)

GAME-ゲーム-

随時機体調整によって更新している記事です。1週間に1度の目安でチェックをしています。

こんにちはしまうまです。

ゲームを楽しむ上でプロセスも大事ですが、結果が一番だと思いませんか?

 

勝率を高めるうえで必須なのは、プレイヤースキル以上に、機体スペックに依存しやすいゲームですので、『機体選び』が非常に大事だと思っています。
今回は勝率を上げられる【レーティング推奨:コスト500戦のお勧め機体】を各属性別で紹介します。(地上)

強い機体を使って勝ちたい。
最近の機体評価はどうなのか?他者の意見も聞いてみたい。

主に初心者から中級者向けの記事になりますが、上級者(私か(自画自賛)かそれ以上)の方も『ふぅ~ん』位の程度で読み流してもらって大丈夫です。是非参考にしてみてください。

紹介内容

  • 強襲機→汎用機→支援機の順で紹介します。
  • 上位機体を紹介します。(同率あり)
  • 500コスト戦の紹介です。
  • お勧めの主兵装の紹介をしています。
  • お勧めのステージ(環境)の紹介。
  • 長所と短所の紹介
  • お勧めの運用について

それでは順に紹介していきます。

強襲機:500コストお勧め機体

1位:ストライカー・カスタム

【お勧め主兵装】ジムⅡ用ビーム・ライフル
【お勧めステージ】全ステージ可能(特に墜落・廃墟が強い。)
【長所】格闘連撃補正持ち。高い格闘方向補正持ち。(最大250%)即よろけ兵装持ち。大よろけの格闘持ち。耐格闘補正が高い。
【短所】耐ビーム補正が低い。(環境に合っていない)機体HPが低い。ジムⅡ用BRを所持していなければ厳しい。通常状態では旋回速度は強襲機の中では遅め。
【運用】基本運用は他のEXAM機と同様です。
支援機が孤立した状況を狙うのが基本ですが、この機体1機で敵をかく乱するだけのポテンシャルも秘めています。火力を出していくには直ぐにダウンを奪うのではなく、強連撃とよろけ継続による火力の取り方も事前に練習しておきましょう。

2位:ガンダム5号機

【お勧め主兵装】ハイパー・ビーム・ライフル
【お勧めステージ】無人都市など広いステージ
【長所】支援機に対して遠距離からダメージを取れる(ビーム・ライフルとガトリング)格闘連撃補正が優遇。機動性は高め。耐久面も比較的高め。
【短所】強襲機にしてはスラスター量が少なめ。
【運用】支援機に近づけないなら、前線より少し後方から後方から「ガトリング」と「ビーム・ライフル」でプレッシャーを掛けていきましょう。この機体はそれが出来る強襲機体です。
敵支援機に接近出来そうなら積極的に近接戦闘を試みましょう。格闘連撃補正が優遇されているので接近戦も強いです。

3位:ジーライン・アサルトアーマー

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】長距離兵装のキャノンを持っている。遠近両用に運用が可能の強襲機。ヒートランサーの下格闘の攻撃補正が180%を誇りリーチも長い。耐久力がある。
【短所】足回りが悪い。ヒートランサーは威力が高い反面クールタイムが長い(4秒)ショットガンの性能は過信しない方が良いです。
【運用】遠距離から支援機に対しプレッシャーを与えてける機体です。味方汎用機と前線で足並みを合わせて運用しましょう。
強襲機の中では非常に硬い部類の機体です。高い火力を誇る汎用機が多い中では重宝します。

3位グフフライトタイプ(450)

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】無人都市(基本何処でもOK)
【長所】フライトシステム持ち→攻防共に有利な運用が可能。地上も普通に強い。耐久力がある。機動力がある。即よろけ兵装を持っている。強連撃持ち。耐格闘補正が高い。
【短所】瞬間的な火力は乏しい。即よろけ兵装は単発式。ヘイトが高い。
【運用】フライトシステムがある事で様々なメリットがあります。空中と言う理不尽で安全な場所から攻撃が可能な他、危険な状況を退避する状況にも使えます。また高台で芋る支援機に対しても攻撃手段はあるこの機体は他の強襲機よりも支援機狩りの仕事がしやすく強いです。また基本スペックが高いので地上での運用でも強いです。

空中:支援機の索敵として。支援機に近づく手段として。ヘイトを請け負い味方汎用機の負担を軽減したい時(ってどんな時?)高台の支援機を狙う場合。支援機に近づけない状況。地形に邪魔されずに射撃攻撃を与えていきたい場合。退避行動の手段として。
地上:支援機との距離を詰めた状況。火力を出していきたい場面。ヘイトを回避したい場合。




汎用機:500コストお勧め機体

1位:ガンダムMK-Ⅱ(NEW)

【お勧め主兵装】散弾以外なら…どちらでもOK。
【お勧めステージ】墜落や廃墟などの戦闘スペースが狭い地形
【長所】超高火力の格闘。強連撃持ち。機動力がある。足回りが優秀。各兵装の威力が比較的高め。耐格闘補正が高い。格闘優先度が強判定。カウンターが強い。スラスピが速い。
【短所】耐久面に若干不安あり。最大射程は350m。
【運用】前線で味方と足並みを合わせて戦いましょう。この機体の最大の強みは接近戦による格闘戦です。接近戦を意識しましょう。
マニューバーを破る性能がある訳では無いですが、強襲機に対しての格闘攻撃は強烈に刺さります。強襲機からしたらケンプファー並みに驚異の汎用機体だと思います。

同率1位:リック・ディアス

【お勧め主兵装】グレイ・バズーカ
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】射撃の火力が高い。機動力がある。機体HPが多く耐性も高い。スキルが豊富で内容も優秀。兵装がすべて優秀。
【短所】格闘補正が低い。ヒットボックスが広い。カウンターが弱い。(スキルは強い)
【運用】前線から中距離まで戦える汎用機。前線寄りで積極的に戦いましょう。火力以外に、壁汎用としても十分なスペックなので編成に複数入れても問題ない機体です。
豊富な兵装で即よろけや蓄積よろけが取りやすい点も強みです。

2位:ケンプファー

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】墜落や廃墟などの戦闘スペースが狭い地形
【長所】全機体の中でもトップクラスの機動性。射撃と格闘の両面で高い火力が取れる。豊富な兵装。ショットガン持ち。優秀なスキルを豊富に持っている。(マニューバーや緊急回避など)カウンターが強力(あとカッコいい…
【短所】少ない機体HPと撃たれ弱い耐射撃装甲。(集中砲火を食らうとあっと言う間に撃墜されます)長所と短所両方で考えると中級者以上のプレイヤー向けの機体。
【運用】前線で積極的に戦いましょう。ただ無理はしない様に..すぐ堕ちます。
自軍の支援機を守る意味でも「強襲機キラー」の役割を意識して立ち回るだけでチームにも貢献出来ます。強襲機特有の「マニューバーアーマー」をほぼ無効化できる「ショットガン」を駆使して味方支援機を気にしつつ立ち回りましょう。
起点はバズーカ→ショットガンの順。接近戦では「バズーカ(ショットガン)→(シュツルム)→格闘」の連携や、中距離や格闘の追撃が難しい乱戦状況なら「バズーカ(ショットガン)→シュツルム」の連携に変えていきましょう。

同率2位:ガンダム4号機

【お勧め主兵装】ハイパー・ビーム・ライフル
【お勧めステージ】無人都市など広いステージ
【長所】超高火力のメガビームランチャー装備。(当てると気持ちいい)ビームライフルの火力が高い。観測情報連結持ちの汎用機。足回りが快適。射撃耐性が高い。(打ち合いが強い)
【短所】メガビームランチャーに依存されると仲間が厳しい。機体HPが少ない。耐格闘補正が低い。

【運用】射撃だけで火力が取れる汎用機です。前線より少し後ろからフルチャージのビームライフルとビームガンの連携で十分火力が取れます。取り回しを優先するならノンチャージで手数を増やすのも有効です。
「メガビームランチャー」を構える行動は、相手に対して強力な牽制になります。ただメガビームランチャーに依存した戦い方はお勧め出来ません。
使うタイミングは主に開幕の牽制している場面や、敵が全滅した後のリスポーン待ちの時に「メガビームランチャー」をチャージしておいて迎え撃つ戦法がお勧めです。
後方で待機し「メガビームランチャー」を使って1発逆転を狙う様な戦い方は、味方前線に大きな負担を与える結果になります。「メガビームランチャー」はおまけ武装と考え、必ず使わなきゃいけない武装では無いです。

3位:ガルバルディβ

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】墜落・廃墟
【長所】火力が高い。スキルが豊富で優秀。スキルと相成って耐久力もある。快適な足回り。機動力がある。下格闘の発生が速い。BRの取り回しが優秀。格闘優先度が強判定。
【短所】射撃兵装はどれも弾不足。下格闘の2段目の発生が遅い。ヒットボックスが若干大きい。
【運用】最大の長所は接近戦による格闘戦なので、前線で積極的にバズ下ならぬ「ビーム下」を決めていく機体です。強判定かつ高速の下格と高い運動性を駆使して、多数機に対しダメージとダウンを量産していける機体です。
強襲機や同コスト機体のケンプファーのマニューバを簡単に突破できるグレネードが強いです。強襲キラーとして意識するだけでもチームに貢献できる機体です。
※500コストでの運用はガンダムMK-Ⅱと運用やコンセプトが似ており、総合的にみると劣る機体になります。ただアレックスや高ゲルと比較すると強くて使いやすい機体なのでランクインしています。




支援機:500コストお勧め機体

1位:マドロック

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】広い爆風のキャノン。シンプルなコンボで高い火力。2種類のよろけ兵装持ち。支援機にしては足回りが優秀。高性能バランサーのスキルを持っている。自衛力が高い。支援機にしては格闘ダメージが高い。シールド持ち。
【短所】装甲に難あり。(シールド持ちなので致命的では無い。)最大射程は450m。キャノンのリロード時間が長い(19秒)
【運用】前線寄りの後方で仲間と共に行動しましょう。キャノンを主軸に「よろけ」やカットを量産しながら与ダメを稼げます。
仮に強襲機に襲われてしまった状況でも、蓄積値の高い射撃兵装でマニューバーアーマーを攻略する事が単機で可能です。(ランチャーやキャノン→ビーライの連携)その後はブーストで接近し(高性能バランサー)ビームサーベルでダウンさせて逃げる事が可能です。(汎用のいる所まで)

2位:ゲルググJ[イェーガー]

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】無人都市・墜落・山岳
【長所】高性能バランサー持ち。支援機としては足回りは優秀。スラスタースピードが速い。主兵装の射程が長い。主兵装による部位破壊が可能。遠近共にダメージを稼ぎやすい。耐久力がある。火力がある。
【短所】ヒットボックスが大きい。即よろけの兵装が無い。
【運用】前線より少し後方で追撃による火力支援をメインに行う機体です。強化によりフルチャージタイムが4秒に短縮した事で更に火力が取れる機体になっています。ノンチャとフルチャを状況に応じて使い分けましょう。
墜落ステージの広場程度の広さなら全域が射程圏になります。高い火力を誇るフルチャージの主兵装を持っているので、支援機とは思えない程のスピードを生かしてアシストが行い易いです。

3位:ゲルググキャノン

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】墜落などの狭いステージ
【長所】装甲が硬い。取り回しが優秀な「高機動型G用ロケット・ランチャー」持ち。高火力のビーム・キャノン持ち。
【短所】平均有効射程が短い。長距離戦が苦手な支援機。火力源のビーム・キャノンは静止射撃のためエイム力に依存する。
【運用】後方支援には向かない機体です。味方と足並みを合わせて行動し前線より少し後ろでのアシスト、火力支援がメインの機体です。
硬さが最大の売り機体です。強襲機に一度襲われた程度では堕ちません。味方汎用機と一緒に行動していれば、味方汎用機で強襲機を囲んで倒せるチャンスが生まれ、支援機が長い時間居続けるだけでも敵にはプレッシャーになります。

同率3位:フルアーマーガンダム

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】山岳・無人都市・墜落
【長所】広範囲の爆風キャノン。シンプルなコンボで高い火力。(キャノン→ビーライの連携)耐久面が優秀。メイン兵装の2種(ビーライ・キャノン)は500mの長距離射程。
【短所】スラスター量が少ない。鈍足。
【運用】初心者には扱いやすい支援機。運用は中距離から後方での遠距離支援がお勧めです。前線寄りの後方でも運用は可能ですが、鈍足な足回りとスラスター量の少なさがネックです。
その場合、この機体でじゃなくてもで良い気がします…。

同率3位:ゾック

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】廃墟、墜落
【長所】高い火力。射程が長い。高い装甲(射撃兵装に対し高い耐性)アンチステルス持ち。衝撃吸収機構持ち。(よろけにくい)全方向の格闘に強制ダウン効果あり。
【短所】耐格闘補正が極限に低い。鈍足な足回り。射撃兵装はビーム兵器しかない。大きいヒットボックスなので被弾しやすい。目立つ。
【運用】長い射程と高い火力を持つ支援機なので、後方からの支援がお勧めです。衝撃吸収機構を持っている上に高い耐久力は、中距離~の攻撃程度では簡単には堕ちません。(蓄積よろけと蓄積ストレス(プレイヤー)は溜まりますが…笑)
大きいヒットボックスと愛らしい見た目(笑)は注目され易く敵の的になる機体です。射線を切るポジション取りを常に意識をしましょう。墜落では被弾を極力抑えられる無敵ポジションが3か所程あります。探してみましょう。




【バトオペ2】2020年最強機体コスト550(地上)
2020年最新:コスト550の最強環境機体紹介【地上編】を紹介しています。記事は随時更新し最新の状態を維持しています。
【バトオペ2】2020年最強機体コスト450(地上)
2020年最新:450コスト最強環境機体紹介【地上編】を紹介しています。記事は随時更新し最新の状態を維持しています。