個人的趣味のご紹介(リンク)

【バトオペ2】2020年最強機体コスト400(地上)

GAME-ゲーム-

随時機体調整によって更新している記事です。1週間に1度の目安でチェックをしています。

こんにちはしまうまです。

ゲームを楽しむ上でプロセスも大事ですが、結果が一番だと思いませんか?

 

勝率を高めるうえで必須なのは、プレイヤースキル以上に、機体スペックに依存しやすいゲームですので、『機体選び』が非常に大事だと思っています。
今回は勝率を上げられる【レーティング推奨:コスト400帯でのお勧め機体】を各属性別で紹介します。(地上)

強い機体を使って勝ちたい。
最近の機体評価はどうなのか?他者の意見も聞いてみたい。

主に初心者から中級者向けの記事になりますが、上級者(私か(自画自賛)かそれ以上)の方も『ふぅ~ん』位の程度で読み流してもらって大丈夫です。是非参考にしてみてください。

紹介内容

  • 強襲機→汎用機→支援機の順で紹介します。
  • 上位機体を紹介します。(同率あり)
  • コスト400機体のみの案内です。
  • お勧めの主兵装の紹介をしています。
  • お勧めのステージ(環境)の紹介。
  • 長所と短所の紹介
  • お勧めの運用方法について

それでは順に紹介していきます。

強襲機:400コストお勧め機体

 

1位グフフライトタイプ

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】無人都市(基本何処でもOK)
【長所】フライトシステム持ち→攻防共に有利な運用が可能。地上も普通に強い。耐久力がある。機動力がある。即よろけ兵装を持っている。強連撃持ち。耐格闘補正が高い。
【短所】瞬間的な火力は乏しい。即よろけ兵装は単発式。ヘイトが高い。
【運用】フライトシステムがある事で様々なメリットがあります。空中と言う理不尽で安全な場所から攻撃が可能な他、危険な状況を退避する状況にも使えます。また高台で芋る支援機に対しても攻撃手段はあるこの機体は他の強襲機よりも支援機狩りの仕事がしやすく強いです。また基本スペックが高いので地上での運用でも強いです。

空中:支援機の索敵として。支援機に近づく手段として。ヘイトを請け負い味方汎用機の負担を軽減したい時(ってどんな時?)高台の支援機を狙う場合。支援機に近づけない状況。地形に邪魔されずに射撃攻撃を与えていきたい場合。退避行動の手段として。
地上:支援機との距離を詰めた状況。火力を出していきたい場面。ヘイトを回避したい場合。

2位:ジーライン・アサルトアーマー

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】長距離兵装のキャノンを持っている。遠近両用に運用が可能の強襲機。ヒートランサーの下格闘の攻撃補正が180%を誇りリーチも長い。耐久力がある。
【短所】足回りが悪い。ヒートランサーは威力が高い反面クールタイムが長い(4秒)ショットガンの性能は過信しない方が良いです。
【運用】遠距離から支援機に対しプレッシャーを与えてける機体です。味方汎用機と前線で足並みを合わせて運用しましょう。

2位:ジーラインライトアーマー

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】近接戦闘も中距離戦闘も可能な万能強襲機。どの様な状況でも火力を発揮出来る。(ミサラン)ステージを選ばず戦える。緊急回避持ち。シールド持ち。細身のボディ(被弾しにくい)。機動性が高い。
【短所】射撃兵装に対する耐久面に難あり。(耐格闘補正は高め)
【運用】味方と前線で足並みを揃えて戦う機体。無理に突貫しなくても中距離から支援機にプレッシャーを与える事が可能です。
EXAM機の様な時間限定が無く、素の状態から豊富なスキルや機動力、火力が取れる機体です。焦らず慎重に前線の隙をついて支援機を狙う様にしましょう。

3位:ブルーディスティニー2号機

【お勧め主兵装】陸戦型ガンダム用ビーム・ライフル
【お勧めステージ】墜落・廃墟・砂漠
【長所】EXAMの発動で攻撃的な性能になります。高い火力と高い機動力は1機で数機体相手できる程のかく乱と撃破を量産出来ます。マニューバーがある上に緊急回避LV2も持っており生存能力も高めです。
「腹部マイクロミサイル」ブースト射撃可能で蓄積よろけを取れます。マニューバアーマーを最大限に発揮させやすい機体です。
【短所】初期スラスターが少ない(強化すれば良し)耐爆機構が無い。「腹部マイクロミサイル」が弱体化を受けたことで以前よりお手軽に使用出来る兵装では無いです。(リロード時間18秒)
【運用】イフリート改とブルーデスティニー1号機を足して割ったような機体です。接近戦から中距離まで状況に合わせて戦えるオールラウンダーです。
基本は仲間と行動を共にし、序盤はビーライを使って牽制。支援機が孤立している状況を確認しEXAMを発動して一気に畳みかけましょう。「腹部マイクロミサイル」ブースト射撃の突撃がこの機体の最大の強みです。
支援機を撃破した後でも、かく乱していきながら敵機の撃墜を量産していきましょう。中途半端に堕ち切れないで残るより、次の支援機のリスポーンに合わせて新品の状態で迎え撃つくらいが丁度良いです。
以前はヒルドルブに対し最も有効な強襲機でした。ただヒルドルブの弱体化による環境の変化でBD2のアイデンティティが薄れ、EXAM発動後のリスクを負わなくても強いジーライン系の機体や、安全に攻撃が可能なフライトタイプの機体には現環境では勝てません。
ただ私自身得意な機体なので個人的には1位の機体。でも運用が難しくて誰にでもお勧め出来る機体ではありません。

3位:ブルーデスティニー1号機

【お勧め主兵装】陸戦型ガンダム用ビーム・ライフル
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】近接戦闘も中距離戦闘も可能な万能強襲機。火力は高め。強連撃持ち。ステージを選ばず戦える。「EXAM」未発動でもある程度戦える。シールド持ち。
【短所】よろけを取るには限定がある(静止撃ち・収束撃ち)耐久面は少し難あり(強化されてマシになった。)
【運用】味方と前線で足並みを揃えて戦う機体。無理に突貫しなくても中距離から支援にプレッシャーを与える事が可能です。




汎用機:400コストお勧め機体

1位:ガンキャノン重装型タイプD

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】強力なバズーカとキャノン2種類を装備。特にバズーカの性能はトップクラスの性能。装甲面が非常に優秀。タックルが強い。
【短所】歩行速度が遅い(その他足回りは優秀)。緊急回避が無い。格闘が「素手」
【運用】味方と足並みを揃えながら前線より少し後方からアシストしていく立ち回りがお勧めです。後方から2種類の射撃兵装によるやりたい放題の戦法はかなり強いです。

2位:グフ飛行試験型

【お勧め主兵装】ジャイアント・バズ
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】即よろけや蓄積よろけ等、よろけを取る手段が豊富。追撃火力が高い。空を飛ぶチート能力..。チームとして考えるとヘイト役やアシストに徹底する等様々な方面で貢献できる機体。機動力ある。脚部が破壊されようがフライトには関係ない。危機的状況の離脱能力がある(逃亡)
【短所】ヘイトが高くなり易い(的になり易い)格闘が素手。バランサーが無い。地上ではあまり強みが無い。前線構築としては役に立たない。(実質前線マイナス1の状態を強いられる)
【運用】強襲機を狩る意識と味方汎用機のアシストの役割を意識しましょう。もともと強みのある機体でしたが、強化によって火力が出しやすくなり、耐久の強化やフライト時間の延長によりシンプルに強くなった機体です。

ただ…私の感想としては..。
強いグフ飛行に出会う事が中々無いです。プレイヤースキルによって強弱の差や大きく、戦況を把握する視野力と味方を守るカットスキル。スラスター量の管理やヘイトの管理など総合的にバトオペのPSが高いプレイヤーでは無いと活躍が難しい機体です。

3位:シム・カスタム

【お勧め主兵装】ハイパー・バズーカ「改良型」とジムⅡ用ビーム・ライフル
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】バズ汎用として運用しやすい。緊急回避LV2持ち。レーダー関連が優秀(戦況を把握しやすい)格闘補正が低くいので弱そうに見えますが強連撃持ちなのでN下格闘の火力は高め。2つの主兵装をステージによって使い分けが可能。使いやすい=戦果を挙げやすい。
【短所】耐久面に少し難あり。主兵装の取り回しが悪い。
【運用】前線で立ち回るのがお勧めです。
【その他】特徴が無いようで特徴(特長)がある機体。「ガンダム」と比較され易いですが、格闘判定や兵装が機体HPの劣化している分、緊急回避LV2やレーダー関連のスキルが優秀なうえに地上適性があるので勝るも劣らない性能をしています。プレイヤーの好みで使い分けて良いと思います。「ネモ」とも比較されやすいですが、適性を見ても「地上はジムカス」「宇宙はネモ」の認識で良いと思います。宇宙でネモを選ぶなら別の機体の方が良さそうですが。

その他:ガンダム

【お勧め主兵装】GD用ビーム・ライフル
※格闘はビームサーベルの方が安定します。
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】装甲面が優秀。格闘優先度は強判定。細身(被弾し難い)トータル的に扱いやすい機体。大きな落ち度が無い。武装が豊富。使いやすい=戦果を挙げやすい。
【短所】器用貧乏。
【運用】高い装甲を活かし前線で積極的に戦いましょう。
バズーカによる運用も十分強いです。ガンダムハンマーは…廃墟都市でブンブン振り回すのは地味に強力です。(強判定にしてリーチが長い)
ただ仲間にもヒットしますのでチーム戦として考えたら完全に足を引っ張り兼ねませんのでご注意を。

その他:ブルーディスティニー3号機

【お勧め主兵装】陸戦型ガンダム用ビーム・ライフル
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】ステージを選ばず、安定して活躍しやすい機体。フルチャージで500m射程を誇るビーライやブースト射撃が可能で強襲機に対しても強い「腹部マイクロミサイル」や2種類のバルカン等、近距離~遠距離までこなせるオールラウンダーな機体です。
EXAMの制限時間が90秒と長く、脚部破損の改善や火力や機動力UPとしての活用も可能。
【短所】強すぎた「腹部マイクロミサイル」のリロード時間。(しょうがない。)若干火力が足りない。
【運用】前線で積極的に戦いましょう。
EXAMを使用しなくても十分戦える機体なので、半壊してからEXAMを発動するケースがよく見られます。せっかくの90秒の長い発動時間があるのに勿体ないです。
後方でビーライを撃ち続けるより、前線をかく乱させるくらいの積極的な戦い方が向いている機体なので、積極的にEXAM発動でチームに貢献していきましょう。(弱体化もあり以前ほど通用する戦い方では無いですが)

その他:ペズン・ドワッジ

【お勧め主兵装】ビーム・バズーカ[改修型]
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】2種類の「即よろけ兵装」を持っている。火力が高い。機動力がある。
【短所】大きい機体なので狙われやすい。ヒットボックスが大きく被弾しやすい。2種類の即よろけの兵装があるとは言え1度撃ったら何もできない時間が多く手数が少ない。マニューバーに弱い。脚部特殊緩衝材のスキルが無い。耐格闘補正が低い。
【運用】中距離から一気に間合いを詰めていける機体。(中距離からビームバズーカでよろけさせ、ブースト射撃が可能なビームガンで更によろけさせ格闘を叩き込めます。)この機体を扱う上で知っておきたい戦法です。
ビーム・バスーカのオーバーヒートには注意しましょう。(OHの復帰時間は24秒)

その他:ペイルライダー陸戦重装備仕様

【お勧め主兵装】
ロケットランチャー:運用しやすく「よろけ」を取りやすい。
ビームライフル:中距離戦の牽制武装が増え一連のコンボの火力も高くなります。
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】格闘モーションが非常に優秀(下格・横格)です。HADES持ち(脚部修繕・火力・機動力UP可能)
【短所】素の状態では火力が足らない。火力を出していくにはプレイヤースキルに依存しやすい。(180mmキャノンの扱いなど)HADES発動時の耐久面に少し難あり。
【運用】「ロケットランチャー」を装備した場合は前線で積極的に戦いましょう。「ビームライフル」を装備の場合も同様ですが、更に中距離戦も可能です。(難易度上がります。)
「強よろけ」効果を持つ「180mmキャノン」をしっかり活かしていきたい所です。後方から支援する事も可能ですが、近距離戦でもガンガン使っていきたい武装です。
グフ飛行対策として「180mmキャノン」が有効です。




支援機:400コストお勧め機体

1位:ヒルドルブ

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】高い火力。硬い装甲。豊富な兵装。スモーク持ち。早い歩行速度(機動性)衝撃吸収機構等スキルの恩恵でよろけにくい。変形状態で走ってぶつかるだけで敵がよろける…。(スキル:高速突撃)などなど…
【短所】脚部が壊れやすい。
【運用】後方より定位置で芋る事も可能ですが、前線で積極的に戦った方がチームに貢献しやすいです。スモークを駆使しながら敵のよろけや撃墜を量産していきましょう。

2位:陸戦強襲型ガンタンク

【お勧め主兵装】変更不可
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】高い火力。硬い装甲。豊富な兵装。スモーク持ち。早い歩行速度(機動性)衝撃吸収機構等スキルの恩恵でよろけにくい。変形状態で走ってぶつかるだけで敵がよろける…。(スキル:高速突撃)などなど…
【短所】脚部が壊れやすい。
【運用】ヒルドルブと同様に、前線で積極的に戦った方がチームで貢献し、スモークを駆使しながら敵のよろけや撃墜を量産していきたい機体です。

その他:陸戦型ガンダム(WR装備)

【お勧め主兵装】180㎜キャノン
【お勧めステージ】全ステージ
【長所】閃光弾など自衛力が高い。爆風が広く高射程のキャノン持ち。シールド持ち。支援機としては格闘が強め。
【短所】特になし。
【運用】前線より少し後方で立ち回るのがお勧めです。
この機体に限った事ではないですが【観測情報連結】のスキルをチームに貢献する為に、【高性能レーダーLV2圏内400m】を極力維持していきたいところです。




【バトオペ2】2020年最強機体コスト450(地上)
2020年最新:450コスト最強環境機体紹介【地上編】を紹介しています。記事は随時更新し最新の状態を維持しています。
【バトオペ2】2020年最強機体コスト350(地上)
2020年最新:350コスト最強環境機体紹介【地上編】を紹介しています。記事は随時更新し最新の状態を維持しています。